Home トピックス

2017/5/26【弊社よりお客様へ】法人様向けのホームページを開設しました

印刷

ホルベイン工業株式会社ではこの度、法人様向けのホームページを開設しましたので、お知らせいたします。

当ホームページでは法人様に向けて、弊社受託生産のご案内をはじめ、独自技術に関する情報など様々な有益情報をご提供しております。
弊社の法人様向ソリューションをご検討されている方は、当ホームページをご参照の上、ぜひお問い合わせください。

法人向けホームページ

法人様向けのホームページ

http://www.holbein-works.co.jp/btob.html

お問い合わせ先

法人向け各種サービスに関するお問い合わせは下記まで

ホルベインカスタマーセンター
電話:0120-941-423

 

2017/4/21【ブログ更新】4月8日(土)『ピントゥラ・ラピダ 天王寺公園周辺』の開催レポートを公開しました。

印刷

 

いつも絵を描く友達と、会場で出会った人と、指導くださる先生と、楽しく語りながら絵を描く一日。

 

2017年春は、その日の内に作品を完成させ審査を行うコンテスト『ピントゥラ・ラピダ 天王寺公園周辺』からスタート!今回は、長い歴史とディープな大阪の雰囲気が漂う天王寺公園周辺をポイントにした「1DAYアートコンテスト/ピントゥララピダ」でございます。

ホルベインが運営するブログ「HOLBEIN EVENT NEWS(ホルベイン イベント ニュース)」では本日、4月8日(土)に開催された「ピントゥラ・ラピダ 天王寺公園周辺」の様子を公開いたしました。


2017年春最初のスケッチ会「ピントゥラ・ラピダ 天王寺公園周辺 4月8日(土)」
(上の画像をクリックして、HOLBEIN EVENT NEWSへジャンプできます。)

 

長い歴史とディープな大阪の雰囲気が漂う1DAYアートコンテスト開催!!

前日までの予報の通り、当日の天候はあいにくの曇り空。そんな中でも多くの方にご参加いただきました今回の1DAYアートコンテストの舞台は「天王寺公園」。天王寺公園は、明治42年(1902年)に開園された、長い歴史を持つ公園です。旧住友家の名園慶沢園や動物園、茶臼山、大阪市立美術館など起伏にとみ、いろいろな角度でのモチーフが楽しめます。ちょっと足を延ばすと、ディープな大阪の雰囲気が漂う新世界界隈。大阪のランドタワー通天閣、ド派手な看板などが絵心を誘ってくれます。そんな空気感の中でのピントゥラ・ラピダ、いかがだったでしょうか。

HOLBEIN EVENT NEWS

ホルベインでは、主催する様々なイベントのご紹介やそのレポートなどを配信するブログ「HOLBEIN EVENT NEWS(ホルベイン イベント ニュース)」を開設しています。

ブログでは、前回までのスケッチ会情報やホルベインが主催する体験型のワークショップ情報など、情報が盛りだくさん!ぜひ、ご覧下さい。

ブログ「HOLBEIN EVENT NEWS(ホルベイン イベント ニュース)」はこちら

 

2017/3/22【ブログ更新】「2017年春エンジョイスケッチ会」の開催情報をアップしました。

印刷

ホルベインは、主催するイベントに関する情報をお届けするブログ「ホルベイン イベント ニュース」にて、「エンジョイスケッチ会」の2017年春の開催スケジュールを公開しました。

2017年春のスケッチポイント2ヶ所が決定!

いつも絵を描く友達と、会場で出会った人と、指導くださる先生と、楽しく語りながら絵を描く一日。

2017年春のホルベインエンジョイスケッチ会では、「奈良/ならまち界隈」と題し、江戸から明治期に建てられた町家が今も残るならまち界隈でスケッチしにまいりましょう。そして第2弾では「京都/中書島、伏見港公園周辺」をスケッチポイントに選定いたしました。各回、すべて参加無料となっています。

気の合うお友達や初めて出会う趣味仲間、そしてプロの先生方と一緒に、スケッチを楽しみましょう!

 

(上の画像をクリックして、HOLBEIN EVENT NEWSへジャンプできます。)

 

開催詳細は「ホルベイン イベントニュ—ス」にて掲載しています。ぜひご覧下さい。

 

画材自由!『ピントゥラ・ラピダ』

4月8日(土)に、1DAYアートコンテスト『ピントゥラ・ラピダ 天王寺公園周辺』

「ピントゥラ・ラピダ(=pintura rapida)」はスペインで開催される、その日の内に作品を完成させ審査を行う、コンテストのことです。

2017年春のピントゥラ・ラピダは、1903年開園の大阪を代表する都市公園、天王寺公園周辺をピックアップ。敷地内の大阪市立美術館や茶臼山など、様々な角度でのモチーフが楽しめます。今回も水彩、アクリル、油彩、ミクストメディアといった画材に制限はありません。定員は60名です。参加無料となっていますので、この機会にぜひご参加ください!

 

 

お問い合わせ先

ホルベインカスタマーセンター
電話:0120-941-423
FAX:06-6763-1677

 

2017/3/22【ブログ更新】2017年度春のホルベインワークショップ開催日程が決定いたしました。

印刷

 

ホルベインは、イベント情報掲載ブログ「HOLBEIN EVENT NEWS」に2017年春のワークショップの日程を掲載しているブログ記事「ホルベイン主催のワークショップ(完全予約制)の2017年度春季日程が決まりました!」を公開しました。

ワークショップに関する詳しい情報は、HOLBEIN EVENT NEWSにてご確認ください。

 

 

ホルベイン【ワークショップ】春季開催日程一覧

各講座の詳しい情報は、HOLBEIN EVENT NEWS にてご確認ください。
講座名 開催日
『弓手式 - ニュー印象派スケッチ』 月曜日[野外実習] 4月24日、5月22日
火曜日[室内実習] 5月9日、6月6日、7月19日
『人物デッサン』
月曜日 4月17日、5月29日、6月12日、7月3日
『色鉛筆ってすごいですよ』 月曜日 《連続講座ステップアップ》4月10日、5月15日、6月19日、7月10日
『はじめての絵手紙』 水曜日 5月17日、6月21日、7月26日
『入門 油絵描き方講座』 木曜日 《3回連続講座》4月13日、4月20日、4月27日
『デュオ+ヴェルネ油彩画教室』中級者向け 連続講座
火曜日 6月20日、6月27日、7月4日
『透明水彩画の魅力』
[満席となりました]
木曜日 5月11日、6月8日、7月13日
『はじめてのパンパステル教室』 火曜日 4月11日、5月16日、6月13日、7月11日
『夜の水彩画講座』連続講座 金曜日 ①連続講座:4月28日、②連続講座:6月23日
『大人の工場見学』
[満席となりました]
7月14日(金)

 

ワークショップとは

実際に何かを作ったり、描いたりしながらさまざまなことを学ぶ体験型の講座のことをいいます。ホルベインでは、絵具や色、筆や紙・キャンバスといった画材のことなど、さまざまな製品に関するより深い知識を持っていただく目的でワークショップを開催しております。

 

また、ブログ「HOLBEIN EVENT NEWS」では前回までのスケッチ会情報やホルベインが主催する体験型の講習会情報など情報盛りだくさん!

ぜひご覧ください。

 

お問い合わせ

ワークショップに関するお問い合わせは、
ホルベイン画材(株)受注センター ワークショップ受付係
電話:0120-941-423
FAX:06-6763-2759

 

2017/3/2【CSR活動】第8回「DUOで描く 高校生の油絵コンテスト」各賞表彰式を開催いたしました。

印刷

 

ホルベイン工業株式会社とホルベイン画材株式会社(以下「ホルベイングループ」)は、共同主催する高校生の絵画コンテスト第8回「DUOで描く 高校生の油絵コンテスト」の各賞表彰式を開催いたしました。
このコンテストは、高校生を対象に弊社製品である「油絵具DUO」を使った作品に限定して募集しており、今回で第8回目を迎えます。全国から数多くの力作が集まり、その中より、厳正な審査の結果、個人の部「個人大賞」には、帯広大谷高等学校(北海道)菅原 衣織さんの作品『狭間の心』が、また団体の部「学校賞」には静岡県立清流館高等学校(静岡県焼津市)がそれぞれ受賞されました。

 

【個人の部】

個人大賞:『狭間の心』 菅原 衣織さん(帯広大谷高等学校)


個人の部 個人大賞受賞作品:『狭間の心』
(帯広大谷高等学校 菅原衣織さん作)

菅原 衣織さんの作品はこちら

 

【団体の部】

学校賞:静岡県立清流館高等学校(静岡県焼津市) 美術部様(佳作3点、計25点)


【団体の部】学校賞を受賞された静岡県立清流館高等学校美術部のみなさん

 

学校賞を受賞された静岡県立清流館高等学校美術部のみなさんの作品はこちら

 

「第8回DUOで描く 高校生の油絵コンテスト受賞作品Web展覧会」特設サイトを開設

大賞作品をはじめ、各賞受賞者の作品を展示しています。

また、本日より、ホルベイン工業運営のアート作品投稿サイト《ShowMe(URL www.showme.jp)》と連携した『第8回DUOで描く 高校生の油絵コンテスト受賞作品Web展覧会』を開催しております。

「第8回DUOで描く 高校生の油絵コンテスト受賞作品Web展覧会」サイトへ


個人の部、団体の部の2部に分け、それぞれの部にて受賞された全作品を、ご自宅のパソコンでご覧いただけます。
受賞者の力作をごゆっくりご観覧ください。

 


ページ 1 の 58